知らないのは危険!副作用の症状はこちら

カマグラの副作用

薬を飲んで起こる頭痛や眠気などの望んでいない作用を、副作用といいます。
カマグラも服用すると、効果が現れると同時に副作用もでる場合があります。

主に言われている症状としては。
頭痛・ほてり・目の充血・動悸・ものが青く見えるなどです。

中でも起こりやすいと言われているのが、頭痛です。
ED治療薬は血管拡張作用があり、男性器周辺の血流をスムーズに促進していきます。
それと同時に、脳内の血管も拡張し周りにある神経が刺激され頭に痛みを感じる場合があります。

頭痛がひどいと我慢できない方は、ロキソニン・イブ・バッファリンなどの市販薬と併用しても大丈夫です。
効果のではじめが一緒なので、併用する時はカマグラと同時に服用してください。

ごくまれで報告されたケースはあまりないですが、持続勃起という症状があります。
射精は終わっているのに、勃起が収まらない状態が続いている場合です。
痛みを伴う勃起が4時間以上続く時は、すぐに病院に受診してください。
6時間以上で男性器の機能が壊死していくので、早めの対応が重要です。

痛みを伴わないやわらかい勃起が続く場合、緊急性がないのでしばらく様子をみてから判断してください。

カマグラを服用する時は、副作用と服用できる身体かを把握してなければいけません。
併用禁忌薬を服用しているのであれば、使用は禁止されます。
現在飲んでいるお薬がある方は、下記をご覧ください。
・ニトログリセン・硝酸剤およびNO供与剤など
・塩酸アミオダロン
・リオシグアト
どちらも身体に影響を及ぼしてしまう可能性があります。
併用することで、血圧を著しく下げてしまう、効果を増強させすぎてしまい副作用や失神などの危険性もあります。

服用する前に、きちんと自分自身の身体を知っておきましょう。